このサイトについて

MAGIX Software GmbH

Quedlinburger Straße 1
10589 Berlin
Deutschland(ドイツ)

購入時相談窓口

電話: +49 (0)5741 3455-31
月曜日 - 金曜日:
9:00 - 17:00

経営責任者

Klaus Schmidt, Jörg Stüber, Aishvarya Agarwal
電話: +49 (0)30 29392-0
Fax: +49 (0)30 29392-400
メールアドレス: infoservice@magix.net

取引銀行

Commerzbank AG Berlin II
銀行コード: 120 800 00
口座番号: 408 428 9800
IBAN: DE12 12080000 4084289800

管轄裁判所 Berlin Charlottenburg: HRB 127205
付加価値税登録番号: DE 813 263 603

オンライン裁判外紛争規定第14章第1項に基づくオンライン裁判外紛争解決: 欧州委員会は、オンライン裁判外紛争解決(OS)のためのプラットフォームを運営しています、以下でご参照ください: http://ec.europa.eu/consumers/odr/

コンテンツ

全てのサウンド、ビデオ、文章、画像は著作権により保護されており、これらの複製、再使用、商業目的での使用は禁止されています。これらの情報の使用は、MAGIX が書面で許可した場合のみ認められます。このサイトの項目のひとつ "プレスリリース" 内の情報はその限りではありません。

免責事項/その他の規定

1. オンラインサービスの内容

MAGIXはこのサイト内の情報の最新性、正確性、完全性、品質に対して、一切の保証を負いません。

このサイト内の情報の使用/不使用、もしくは不正確/不完全なサイト内の情報の使用に起因する、物的/概念的損害に関してのMAGIXに対する責任請求は、MAGIXが明らかな故意または重大な過失によってこれらの損害を引き起こしたのでない限り、原則として認められません。

このサイト内の全てのオファーは拘束力/義務のないオファーです。MAGIXは予告無しにこのサイトの内容を部分的、または全体的に変更、補足、削除、臨時的もしくは確定的に公開を中止する権利を明示的に有します。

2. 参照とリンク

MAGIXの管理範囲外にある、直接的、間接的な第三者の運営するウェブサイト("ハイパーリンク")の参照リンクは、MAGIXがその内容を存知している場合、または違法な内容の回避が技術的に実現可能かつ妥当な範囲内である場合のみ、責任義務が生じます。

MAGIXは、リンクが設定された時点でリンク先のウェブサイトに違法な内容が存在しなかったことをここに明言します。MAGIXは、現時点または将来におけるリンク先のウェブサイトの形成、内容、著作者に全くの影響を及ぼしていません。ですからMAGIXは、リンク先のウェブサイトの、リンク設定以降の全ての内容変更に一切関係がありません。この規定は、このサイト内の当社によって設定された全てのリンクと、掲示板、ゲストブックやその他のサービス内のユーザーの書き込みにも有効です。リンク先のウェブサイトの違法/不正確/不完全な内容、もしくはその情報の使用/不使用等に起因する損害に対し、リンク先のウェブサイトの管理者のみが責任を負います。

MAGIXオンラインサービス内の情報は、その情報を公開したユーザーに責任義務があります。

3. 著作権、商標権

このサイト内で使われている、或いは第三者によって保護されているすべての商標は、無条件でそれぞれの商標権/所有権に有効な規定に準拠し、所有権はそれぞれの所有者にあります。商標権が言及されていない場合も、これが第三者によって保護されていないとは限りませんのでご注意ください! MAGIXが作成した全ての公開されたコンテンツの著作権は、MAGIXのみが留保します。このサイト内の全てのコンテンツ、デザイン、グラフィック、見出し、レイアウトは著作権によって保護されています。全ての権利、特に複製、拡散、翻訳の権利は、MAGIXが留保します。このサイト内の文章、ビデオ、画像などのどの部分も、MAGIX が文書でこれを許可しない限り、複製、または他の電子的な形、他言語に媒介することは禁じられています。

全ての複製権も留保されます。このサイトの項目のひとつ "プレスリリース" 内の情報はその限りではありません。

4. コンタクト情報/管理者情報

明示的に要求されていない情報の送達を目的として、第三者がこのサイト内の管理者情報(住所、電話番号、Fax番号、Eメールアドレス等)を使用することは認められていません。いわゆるスパムメールの送信者がこの禁止条項に違反した場合、これに対する法的手段の履行の権利を明示的に留保します。

5. この規定の法的有効性

この文書の部分または個々の規定が現行の法的状況に適合しない、それ以上適合しない、全く適合しない限りにおいて、この通常の規定はその内容と有効性に変更を加えられることはありません。